昔々、良い動画エディターが無い所に...

あらゆる優れたプログラムの背景には、素晴らしい物語があります。まあ、この話が素晴らしいかどうか私には分かりかねますが、ここではそういうことにしておきます。私の名はJonathan Thomas。アメリカ合衆国テキサス州北部のダラス近郊に住み、プロフェッショナルなソフトウェア開発者/ウェブ開発者として20年以上の経験があります。

2008年の初頭に、私は初めてUbuntuをインストールしました。強い感銘を受けましたが、多くの人々と同じく、すぐに動画エディターの欠如に気づきました。何週間も探して、見つけたいくつものLinux用動画エディターをダウンロードし、環境を整え、コンパイルし、インストールしました。結果的に、それらは私のシンプルな基準を満たしていないことがわかりました。

基準:

  • 使いやすい
  • パワフル
  • 安定している

ゆえに、慎重に検討した上で、2008年8月に自分で動画エディタープロジェクトを始めることにしました。簡単なように聞こえるかもしれませんが、多くの課題が待ち受けていることに、私は気づいていました。

課題:

  • Linuxについてよく知らなかった
  • プログラミング経験はすべてMicrosoft C#と.NET Frameworkに関するもので、Linuxプログラミングについてほとんど何も知らなかった
  • コードを用いて映像と音声をミックスする方法を今まで知らなかった

試してみる価値があると思い、私はこの面白い挑戦をする事にしました。開発言語として選んだのはPython(パイソン)。スピードがあり、美しさもあり、豊富なライブラリが備わっているからです。

私の友人は、進捗状況をブログでお知らせするべきだと提案してくれました。ブログ運営をしたことはありませんでしたが、これはやって良かったことの一つです。重要な意思決定を文書化することで、興味を持ってくれた多くの方々に会うことができるようになりました。最も大きな収穫は、ビデオ編集コミュニティと繋がって直接のフィードバックが貰えることです。


[元のブログのスクリーンショット - 2008年12月]

パズルの欠けた最後のピースは、優れたマルチメディアフレームワーク(すなわち、あらゆる映像と音声をミキシングするライブラリ)でした。MLT(ry。それ以上いけない。

ひと度それが組み合い始めた時のことを考えて、私はワクワクが止まりませんでした。本当に達成できる? 本気で動画エディターを作るつもり? たぶんね。でもその前に、名前が必要でした。意味のある、素晴らしい名前が。それから早一ヶ月...まだ名前を思いつきませんでした。ある日、バスケットボール(厳密に言うとPIG)をプレイしている最中に、私はオープンショットを見逃しました。友人たちは私を笑い始め、そこでピンときました。"OpenShot"...パーフェクトだ。安っぽく聞こえるかもしれませんが、それこそが"OpenShot"の名前を思いついた実話なのです。

[最初に公開されたOpenshotのロゴ画像 - 2008年9月]

とはいえ表向きには、バスケットボールの攻めを見逃したこと以上の意味がその名前にはあります。Openはオープンソース、Shotは映画のワンテイク、それらを合わせて"OpenShot"になります。

OpenShotが改良され、成長するにつれて、知名度は高まり、私や他の開発者がOpenShotに取り組む機会は増えました。私は、(文字通り)何もないところから始めたOpenShotが、Ubuntuで最高の動画エディターとして評価され、そしてアメリカ最大のLinuxカンファレンスでステージの中心まで行くことを心待ちにしてきました!

[SCALE 9xにてJonathan ThomasがOpenShotをプレゼンしている様子 - 2011年2月]

この物語はどのような結末を迎えるのでしょうか? OpenShotは史上最高の動画エディターになれるのでしょうか? 何とも言えませんが...続きはまだありません。この話を初めから知りたい場合は、ここに私の最初の、2008年5月の4つのブログエントリーがあります。