OpenShot Library (libopenshot)は、パワフルでクロスプラットフォームなオープンソースのC++動画編集ライブラリであり、 LGPL version 3.0と商用ライセンスのデュアルライセンスで利用できます。マルチスレッド、クロスプラットフォーム、そして機能豊かな動画編集APIを備えています。また、PythonやRuby、その他のプログラミング言語用のバインディングも用意されています。

機能一覧

OpenShot Library (libopenshot)は次のOSをサポートしています: Linux (ほとんどのディストリビューション)、Windows (7, 8,10以降)、OS X (10.9以降)。プロジェクトファイルもクロスプラットフォームなため、あるOSで保存したビデオプロジェクトを別のOSで開くことができます。

パワフルなFFmpegライブラリによって、OpenShotはほとんどの動画と画像のフォーマットを読み書きできます。サポートされているフォーマットの完全な一覧はFFmpegプロジェクトを参照してください。

OpenShotにはパワフルなキーフレームアニメーションフレームワークを備えており、キーフレーム数とアニメーション値を無制限にできる可能性があります。キーフレーム補間モードでは、アニメーション値を計算する方法として、2次ベジェ曲線、リニア、定数を指定できます。

トラックはプロジェクト内の音声、動画、画像をレイヤーにするために使用されます。必要に応じて、ウォーターマーク、背景音、背景映像など、いくつものレイヤーを作成できます。透明性はレイヤーの下に表示されます。トラックは上や下に移動したり、ロックしたりできます。

タイムライン上のクリップは、スケーリング、トリミング、回転、アルファ値、スナップ、X軸Y軸の調整など、色々な方法で調整できます。これらのプロパティは、時間の経過に合わせてアニメーション化することができます!

徐々にあるクリップから他のクリップにフェードします。トランジションの速度とシャープネスはキーフレームを使って調整することもできます(必要なら)。

ビデオプロジェクトにクリップを配置すると、上位のトラック/レイヤーのイメージがトップに表示され、下位のトラックはその背後に表示されます。紙の束のように、上のアイテムは下のアイテムを覆い隠します。そこを穿つ(つまり透過する)と、背後のイメージが表示されます。

完全な透過を備えたベクタタイトル(SVGフォーマット)をサポート。

libopenshotは正確さを念頭に置いて構築されています。このライブラリによって、OpenShotはどのフレームがいつ表示されるかを細かく調整できます。

OpenShotで時間の流れをコントロールできます(クリップのスピードアップやスローダウン、動画の逆再生など)。また、私たちのパワフルなキーフレームアニメーションシステムを使用して、クリップの再生方向や速度を好きなように手動で変更できます。

OpenShotには、波形を表示したり、動画の一部として波形をレンダリングすることさえ可能な、優れた音声編集機能が組み込まれています。動画クリップから音声を分割し、各音声チャンネルを個別に調整することもできます。

OpenShotはたくさんのビデオエフェクトを内蔵しています(今後も増える予定です)。明るさ、ガンマ、色相、グレースケール、クロマキー、他にも色々な項目を調整できます。トランジションを用いた結合、アニメーション、時間のコントロールなど、libopenshotは非常にパワフルな動画編集ライブラリです。

商用ライセンス

libopenshotはLGPL version 3とシンプルな商用ライセンスのデュアルライセンスです。まずはオープンソース版を試用し、プロジェクトのニーズを満たすことを一度確認してから、商用ライセンスに移行することをお勧めします。商用ライセンスの費用はOpenShot Studios, LLCによって、受賞歴のあるオープンソースのデスクトップ向け動画エディターであるOpenShot動画エディターの、開発のために使用されます。これはOpenShot動画エディターの開発を継続する資金援助としての正当なトレードオフだと私たちは考えています。商用ライセンスには、オーディオ機能のために使用しているJUCEや、他の依存ライブラリのライセンスは含まれません。詳細についてのご質問等がございましたら、お気軽にメールでお問い合せください

FFmpeg、Libav、JUCEなどを含めた各ライブラリには、特定の依存関係(独自のライセンスや制限)が存在します。それらのライセンスが、あなたの商用アプリケーションライセンス方式と互換性があるかどうかを確認する必要があることにご留意ください。

オープンソース無料

詳細
  • LGPL version 3ライセンス
  • 変更を加えた場合は同じライセンスで公開する必要があります
  • サポート無し
  • アップデートはコミュニティーによって提供されます
  • -
  • -

商用

お問い合わせ
  • 商用ライセンス
  • 変更を加えてもLGPLの制約無しで配布できます
  • 24時間対応のEメールサポート
  • 12ヶ月のアップデートを含む
  • ロイヤリティフリーでの配布
  • 1開発者シート

クラウドAPI

詳細
  • Pay-As-You-Go(従量制)の価格設定
  • REST API(C++は必要ありません)

サポートとコンサルティング

プログラマーでない方や、libopenshotの独自機能を組み込む時間が無い場合でも問題ありません! 私たちにメールを送って、何をしたいのか説明してください。私たちはあなたとのブレインストーミングをいつでも歓迎し、必要に応じて、優位性のあるコンサルティングサービスを提供します。